バイクバッテリー買取センターのブログ | バイクバッテリー買取センターはバイク用廃バッテリーを高価格で現金出張買取・不用品の無料処分を行っております。

バイクバッテリー買取センター
ブログ
2017年07月31日 [バッテリー 無料処分]

バッテリーの買取り以外にも不用品の無料処分も!

imges

バッテリーの買取り以外にも不用品の無料処分も!


以前はトラックの運転手をしていましたが、妻が他の男と浮気して家を出て行ってしまいました。
子供は私が引き取ることにしたので今でのように長距離の運転手はできなくなり、そうなると稼ぎが一気に減少してしまいこのままでは貯金も食いつぶしてしまうことは目に見えていたので、思い切って独立して運送会社をはじめました。
最初は一人からのスタートで大変でしたが、大変の中でも経費を削減できる廃バッテリー買取センターさんを知った時には勇気が出て、さらに不用品の無料処分までしてもらえて救われて、今ではトラックの台数も従業員も増やせるようになりました!

imges

不用品の無料処分もしていることも分かり


運送会社をやっているとどうしても産廃物もたくさん出て、その処分費用は会社が大きくなる度に増えていきます。
これまでお願いしていた産廃業者から値上げを要求され、ちょうど経費削減に取り組んでいたところで他の業者に切り替えようとしている時に、従業員の一人から廃バッテリー買取センターさんのことを聞きました。
その名の通りに廃バッテリーを買取りしてくれることはすぐに分かりましたが、その時には不用品の無料処分もしていることも分かり、いつも大変お世話になっています!

imges

バイクの故障?バッテリー無料処分の方法について


フロントフォークのオイル漏れは、バイクの故障として多いです。劣化という側面もありますが、機能しなくなったりタイヤにまでオイルが垂れてくるようになったら、故障として交換する必要があります。オイル交換やオイルシール交換により、機能劣化を防ぐことは可能です。日頃から、砂やホコリ等を拭き取るようにしていると、フロントフォークやオイルシールが傷つくのを防ぐことが出来ます。オイルシール部分は、錆や傷が故障の原因であり、内部のスプリングについては、オイル劣化が故障原因である場合が多いです。また、バイクの故障としてバッテリーも考えられます。その場合には無料処分を依頼するのも一つでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop